格安SIMには二つの種類が用意されている - カウントフリーオプションがついた格安SIMとは

格安SIMには二つの種類が用意されている

subpage1

格安SIMと呼ばれているカードは、格安のサービスを提供できるからそのように呼ばれています。

サービスや品質に問題があるわけではないので、その点は安全に利用できます。
格安SIMで利用可能な通信回線は大手キャリアの回線とほとんど同じであるため、利用可能エリアに関しても大手キャリアとそれと大差はありません。



ですから、料金プランは安くなっても品質やサービスが落ちることはないといえます。
一般的に、格安SIMと呼ばれているカードには二つの種類があります。



まずは、データ専用SIMと呼ばれるカードです。

これは、インターネットなどのWEBのサービスを利用するために必要になるカードです。
基本的な機能としては電話機能以外はすべて利用できる大変便利なツールです。



近年では、このカードだけを持っていれば後はWEB上のアプリを利用することによって電話を利用することができます。そのため、あえて他の格安SIMを手に入れる必要がないと考える人もいます。次に重要なのが、音声通話SIMと呼ばれるカードです。これは文字通り電話を行うために必要になるカードです。

格安SIMは、ネット回線の利用料金が安くなる一方でこうした電話利用に関する料金を別途考えなくてはいけません。

ですから、SIMで費用を削減したい人はデータだけを管理するSIMカードを持っていると大変わかりやすいです。電話を頻繁に使う人だけこのカードを持っていると良いでしょう。