格安SIMでネット接続しているときに避けるべきこと - カウントフリーオプションがついた格安SIMとは

格安SIMでネット接続しているときに避けるべきこと

subpage1

格安SIMは月に利用できる高速回線の容量を少なくし、トータルで利用できる転送量にも上限を設けることで携帯キャリアよりも安い料金を実現しています。
そのため、携帯キャリアのSIMと比べると平均通信速度が遅くなるので、格安SIMを利用しながらネットをたくさん使いたいという場合はWi-Fiをうまく活用しなければなりません。

たとえば、外出したときは格安SIMで接続し、家にいるときは自宅のWi-Fiにつなぐという使い分けをした方がいいでしょう。

また、格安SIMを利用した接続では行わない方がいいこともいくつかあります。



まず、アプリのダウンロードおよびアップデートです。



アプリはファイルサイズが1MBに満たない小さなものもありますが、ゲームだと数百MBに達するものも珍しくありません。

そのため、格安SIMでゲームアプリをダウンロードするとすぐに高速回線の容量を使い切ってしまいます。

公式マーケットのアプリの設定に、アプリのアップデートはいつ行うのかという項目があり、そこでWi-Fiに接続しているときのみというものがあるので、それを選択するといいでしょう。



ネット動画の閲覧も避けておいた方がいいです。
最低画質の設定にして、毎日一つか二つ程度の動画を見るぐらいなら高速回線の容量に収まるかもしれませんが、高画質の動画の通勤電車の行き帰りで何本も見ていると、やはりあっという間に高速通信の容量の上限に達してしまいます。